大減築をしてコンパクトなお家へ。和を活かしたリフォーム(弘前市本町)

和の雰囲気を活かしたリフォームです。
うぐいす色と焦げ茶の組み合わせで仕上げました。

うぐいす色と焦げ茶のコントラストが美しい仕上がりになりました。

うぐいす色と焦げ茶は良く似合います。アクセントになりますね。

車庫まわりや視線を遮るルーバーは青森ヒバを主に使いました。落ち着きがでますね。

和室を活かした落ち着きのある寝室に仕上げました。

住宅金融支援機構の融資制度『高齢者向け返済特例制度』を活用

このプロジェクトは、住宅金融支援機構の『高齢者向け返済特例制度』という融資制度を活用しました。

引用します。下記のような制度です。

高齢者向け返済特例制度は、満60歳以上の方が自ら居住する住宅にバリアフリー工事または耐震改修工事を施すリフォームを行う場合に、返済期間を申込本人(連帯債務者を含みます。)の死亡時までとし、毎月のご返済は利息のみをお支払いいただき、借入金の元金は申込本人(連帯債務者を含みます。)が亡くなられたときに一括してご返済いただく制度です。(http://www.jhf.go.jp/customer/yushi/info/reform_older.html

建匠おだぎりは複雑な融資を活用したり、補助金を活用した建築が得意です。
「こんな制度を使ってみたいけど、気軽に相談に乗ってくれるかしら?」とお悩みの方はぜひ、建匠おだぎりまでご相談ください。