介護保険を利用した住宅改修

棚段整理の基本

普段からよく使うものが一番取り出しやすい位置にある必要がありますね。だから、腰高に整理・収納しましょう。普段使いよりも使用頻度は下がりますが、軽いものは少し高い位置に収…

[続きを読む]

整理(処分)のステップ

不要かどうかわからないモノが溜まっているエリアをどう片付けるか?次の方法で進めます。1.分別するための床のスペースを確保する。2.片付けると決めたエリアのモノは「全部」床に

[続きを読む]

介護保険適用の住宅改修専用ブログ

弘前市の工務店、建匠おだぎりの小田桐正嗣(ただつぐ)です。 このたび、介護保険適用の住宅改修専用のブログをオープンしました。 何故か? 私は、福祉住環境コーディネーター2級です。 弘前市役所の介護保険課の方と色々とお話ししたり、 保険をご利用になる方が安心して改修を託せられるように、 自分の目でお客様の現場を見て、また、ご利用になる方とお話しして、 ケアマネージャーさんと連絡をとったり、「理由書」をはじめとして、申請図書を作ったり。。。   介護保険を利用した住宅改修はご利用になる方が一割負担で最大20万円の助成がされるという制度です。 確かな改修プランと施工で驚くほどにお客様は元気に住宅の中を歩き回るようになれます。 そんな元気な姿を見たいので、私のライフワークにすることに決めたのです。   建築側の人は建築だけ、介護福祉の方は介護福祉だけが専門領域だと、上手く物事が進まないことを見てきました。 福祉住環境コーディネーターは双方の専門領域を勉強し、資格をとり、専門家と専門家の間を取り持つ専門家だと自負しています。   コーディネーターという立場から、情報発信していきたいと思います。   弘前市をはじめ、平川市、黒石市、藤崎町、田舎館村などの市町村の皆様が安心して暮らせるような住環境にしたいと強く想っています。   これから、少しずつですが、皆様の有益な情報発信源となれるよう記していきたいと思います。   宜しくお願い申し上げます。   株式会社建匠おだぎり 小田桐正嗣(ただつぐ) 福祉住環境コーディネーター2級     カテゴリー:バリアフリー

[続きを読む]

衣装ケースのための棚

お客様が所有している衣装ケースのサイズ、出入れ方法などを考慮した結果の造付け棚です。納戸に集中して衣装ケースを管理することになっています。こういう使い方を想定しています…

[続きを読む]

ナイチンゲールの住環境論

ナイチンゲールが住環境と人の病の関係について述べている書物があると、本に書いてありました。このように書かれています。「汚物の山積みだけでなく、家のなかを不潔物の溜り場に…

[続きを読む]

台所の整理は難易度高い

整理は、ターゲットとなる部屋を決めて、一気に整理してしまうのがセオリーですが、一番最初にどこから手を付けるか?は気を付ける必要があるそうです。整理に慣れていない方へ。キ…

[続きを読む]

モノと人とのかかわり

モノには、使用期限があります。形としては残っているので、処分すべきかどうか迷う局面もあると思います。そのときに、考えてみたらいいもの。それは、「そのモノの目的はナニ?」…

[続きを読む]

自力歩行で外出できたお客様

弘前市の介護保険を利用した住宅改修の実績が豊富な建匠おだぎりです。   本日、弘前市は五代のお客様へ伺いました。 7月に手すりやスロープを主体としたバリアフリーリフォームを担当させていただきました。 弘前市への介護保険課との手続きなどは全て、福祉住環境コーディネーター2級の私が担当しました。 図面や住宅改修に係る理由書も作成いたしました。   さて、そのお客様。 7月は入院していて、ご自宅では車椅子生活だったのですが、自力で手すりに掴まりながら家の中を歩けるまでに回復していたのは目にしていたのですが、今日伺ったところ、外を散歩しているではありませんか!   私はびっくりして、そしてとても嬉しく思いました。   お手伝いできてよかったと。   適切な手すりの計画、スロープの計画はケアマネージャーさんと住宅改修の理由書を作成できる資格者までご相談ください。   弘前市の工務店 建匠おだぎり 福祉住環境コーディネーター2級 小田桐 正嗣(ただつぐ) 0172-92-3555   カテゴリー:バリアフリー

[続きを読む]

収納ってそもそも

収納は使わないモノを入れる場所と理解されている方がとても多いです。そうではなくて、正しくは、必要な、わが家で活躍する予定のあるモノが、スタンバイしているエリア。だという…

[続きを読む]

段差解消のスロープ

段差を解消するために、スロープやすりつけ板を設置しますが、段差すべてを解消するのが理想ではありますが、予算の問題や、被保険者の体力の回復状況から、今回は見送っても良い箇…

[続きを読む]

開口を広くとりたいトイレドアのリフォーム

バリアフリー改修の基本的な計画としては、トイレの開き戸は利用する方の体勢が後ろへあおられる形となるため、引戸などに変更することが多いです。   しかし、引戸にできないケースや、回転系のドアだと、使い方に不安があるなど心配されることが多いと思います。   そのようなときは、折戸が便利です。 体勢があおられることもなく、開口も広く取れますので、介護保険を利用した住宅改修でも便利だと思います。バリアフリーリフォーム計画の一部として検討されてはいかがでしょうか?   カテゴリー:バリアフリー Tagged: ドア, 開口拡張, 折戸

[続きを読む]

ドアノブ交換によるバリアフリー改修

介護保険を利用した住宅改修の項目の1つに、ドアノブの交換があります。 この事例は平川市のお客様です。バリアフリーの参考になれば幸いです。     丸く握って開閉をする必要があるドアノブは、握力の弱い高齢者の方や、ハンディのある方にはつらいです。 この玉ノブをレバー型に変えるだけで、とてもドアの開閉が楽になります。 今回の利用者の方は、風でドアがバタンと閉じないように、ドアクローザー(ドアチェック)も取付ました。これで、松葉杖でも安心して玄関の出入りができますね。     カテゴリー:バリアフリー Tagged: ドアノブの交換, バリアフリー

[続きを読む]

探し物に費やす時間

こんな統計をとった機関がありました。なんと、平均すると1時間/日。いかがでしょう?多いような気がしますが、そのぐらいになるようです。整理と近い言葉に、「片付け」と「整頓」

[続きを読む]

弘前市でのロードヒーター工事(弘前市大沢)

秋~雪が本格的に積もるまで、ロードヒーター工事のお問い合わせをいただくことが多くなります。
誠にありがとうございます。
先日、弘前市は大沢のお客様から、ロードヒーター工事

[続きを読む]

「整理」による効果!

整理収納アドバイザー、建匠おだぎりの小田桐正嗣(ただつぐ)です。今日は、「整理」による効果についてお話します。モノが見つからない。散らかっている。。。とてもイライラしま…

[続きを読む]

パナソニック『光るチャイム』で安心。(青森県平川市リフォーム)

青森県平川市で行ったリフォーム。 日中お家にいらっしゃるお母様が来客などを音ではなく、光でわかるようにしたいというご要望がありましたので、パナソニックの『光るチャイム』をご提案しました。   大きな音はもちろん鳴りますが、モニターの上に設置されている丸い円盤のようなものが『光るチャイム』です。   丸い表面も光りますが、側面からフラッシュが光りが部屋中に届きますので、音が聞こえにくかったとしても光であれば気づきます。   この商品は、バリアフリーという観点からだけではなく、ヘッドフォンをしてゲームや音楽を楽しんでいる家族の方々も来客に気づくので、とても使い方が広がると思います。   パナソニックの『光るチャイム』についての商品説明については、パナソニックのサイトをご覧くださいませ。 http://denko.panasonic.biz/ebox/densetsu/ha/signal/chime/products01.html       カテゴリー:バリアフリー

[続きを読む]

TOTOのユニバーサルデザインの取り組み

介護保険を利用した住宅改修の時に、よく参考にするのがTOTOさんのUD(ユニバーサルデザイン)の情報です。 特に、システムバスに後付けで手すりをつける時には、インテリアバーを採用することが多いので調べ物にも使わせて頂いております。 TOTOさんは早くから、UDの思想に基づいた商品設計を行っているので使いやすい製品が多いと感じます。 http://www.toto.co.jp/ud/about/index.htm 『やさしいきずな』というサイトでも分かりやすく取り組みをご紹介しています。 http://www.toto.co.jp/yasashii/index.htm?c=ud&p=0   最後に、UD7原則についてご紹介します。 私は福祉住環境コーディネーターの資格取得の時に、なかなか覚えられず苦労した思い出がよみがえりました(笑) ユニバーサルデザインの7原則 THE PRINCIPLES OF UNIVERSAL DESIGN 1997年にロナルド・メイス氏(1974-1998)を中心とする建築家やデザイナーなどの専門家たちがユニバーサルデザインの考え方をまとめ「ユニバーサルデザインの7原則」をつくりました。 原則1 EQUITABLE USE さまざまな使用者が公平に使用できること 原則2 FLEXIBILITY IN USE さまざまな使用者や使用環境に対応できること 原則3 SIMPLE AND INTUITIVE USE 使い方が直観的に分かること 原則4 PERCEPTIBLE INFORMATION 必要な情報がすぐに分かること 原則5 TOLERANCE FOR ERROR 失敗や事故につながりにくく、万一の事故にも対応すること 原則6 LOW PHYSICAL EFFORT 姿勢や体の動きに無理がなく、少ない力で楽に使用できること 原則7 SIZE AND SPACE FOR APPROACH AND USE 使用者の体格・姿勢・使用状況にかかわらず、使いやすい大きさと広さが確保されていること 出典:THE CENTER […]

[続きを読む]

弘前市でロードヒーター工事が始まりました!

雪がとうとう降ってきましたね。
弘前市の融雪設備の5年間無利子の融資制度を活用した、ロードヒーター工事がスタートしました。

第一日目は、コンクリート舗装をするための下地作

[続きを読む]

弘前市のロードヒーター工事。ヒーター設置前の工事をしています。

今日はロードヒーターのヒーターシステムを設置する前の、砕石敷き、転圧、土間シート、ワイヤーメッシュ敷きという工程まで進めました。
緑に見えるのが、シート。地面からの湿気

[続きを読む]

テイストを合わせる

これ、便利だから。これ、かわいいから。とか、これ安いから。買ってみる。でも、なんだか家に合わない。こんなことはありませんか?あなたの家はどんなテイストを大事にしています…

[続きを読む]

弘前市のロードヒーター工事。コンクリート打設を行いました。

昨日は、とても天気がよいので、ロードヒーター工事のメイン、コンクリートの打設工程を行いました。その前にロードヒーターシステムを設置します。

ロードヒーターシステムを一度

[続きを読む]

春になったら、がんばった屋根と外壁のリフォームはいかがですか?

本格的な冬になりました。 お家の屋根と外壁は24時間365日、あなたのお家を守っているナイトのような存在です。普段は、存在をあまり意識しないですね。 今日のブログは、今月行った…

[続きを読む]

お風呂のリフォームは復興支援住宅エコポイントを最大限活用しましょう。

これから、弘前市周辺地域で水まわりのリフォームをご検討のお客様は、国で推進しています『復興支援住宅エコポイント…

[続きを読む]

車椅子使用のリフォームをする際の床材のポイント

DAIKENキャプテンアタックN

福祉住環境コーディネーターの小田桐正嗣です。 現在、介護保険を利用した住宅改修工事のプランニングを行っています…

[続きを読む]

介護保険を利用した住宅改修(床材の変更・段差解消など)

DSCF2742

弘前市松原で介護保険を利用した住宅改修工事を行いました。 要介護5で車椅子生活の方が、お暮しになるお家です。 …

[続きを読む]

建築費用2,000万円時の年収の算出例

ケース35年ローン金利2.7%年収に占める返済負担上限30%で計算した場合です。 建築費用 2,000万円 月々の返済額は7,3660円 (計算式)月々の返済額=2,000万円×3,683円(100万円あたりの毎月返

[続きを読む]

おもてなしの心

今日もあともうちょっとで一日が終わります。 写真は、打ち合わせスペースに生けてみたお花です。 打ち合わせ直前に、山谷博子さん(https://www.facebook.com/hiroko.yamaya)からアドバイスを…

[続きを読む]

高齢者・要介護者の自信はトイレから(動作からみた住環境整備)

1_2_thumb.gif

一般的にトイレは狭いスペースになっていることが多いです。 これからお家を計画している方やリフォームを検討されて…

[続きを読む]

介護保険を利用した住宅改修(弘前市石川)

DSCF3127_thumb.jpg

右膝を手術したお母様が退院されるということで、急遽施工した現場です。   調査・プランニング~市役所…

[続きを読む]

介護保険を利用した住宅改修の事例。階段と廊下への手すり設置工事を行いました(弘前市石川)

フレキシブルジョイントの設置事例

弘前市は石川にて、介護保険を利用した住宅改修を行いました。 壁下地の弱いお家での手すり設置は手すり受けの重要性…

[続きを読む]

介護保険を使った屋外階段の手すり取付け工事(弘前市石川)

IMG_4981_thumb.jpg

弘前市石川で介護保険を利用した住宅改修を行いました。 玄関からアプローチへ出るときの階段を安全に昇り降りできる…

[続きを読む]

急な外の階段に屋外用の手すりを設置しました。(介護保険:大鰐・湯野川原)

P1000071_thumb.jpg

介護保険を利用した住宅改修の事例です。 大鰐町で工事を行いました。 大鰐町役場保険福祉課・地域包括支援センター…

[続きを読む]

和室も心地よさとオシャレ感どっちも求めてみる

建匠おだぎりでは今までストックしてきた事例を、サイトに公開していきたいと思います。
空間別など様々な切り口でご紹介していきますね。
 
最近の建築では『和室』が見直されてき

[続きを読む]

平川市荒田。介護保険を利用した手すり設置(住宅改修)工事事例。(弘前市・平川市の介護・バリアフリー工事事例)

青森県平川市荒田で、介護保険を利用した住宅改修を行いました。 今回は、以前も仕事をご一緒させていただいた平川市…

[続きを読む]

↑ページトップへ