春の新製品発売記念として、キャンペーンを開催します!【建匠おだぎり:弘前市のリフォーム】

こんにちは!建匠おだぎりの小田桐正嗣(ただつぐ)です。

長府製作所さんから、ご案内がありました。

長府さんのシステムバスとシステムキッチンがリニューアルしたそうです。

システムバス

https://www.chofu.co.jp/systembath/plan/

システムキッチン

https://www.chofu.co.jp/products/kitchen/systemkitchen/index.html

 

春の新製品発売記念として、キャンペーンを開催します!

キャンペーン期間:2019年3月~4月末日

”特別価格”についてはご相談くださいませ。

 

ご案内のチラシを載せますね。

20190307_3405

20190307_3406
 

 

青森ヒバの塔婆を製作しました

未分類

みなさんこんにちは!
建匠おだぎりの小田桐正嗣(ただつぐ)です。
すっかり春めいてきましたね!

先日、塔婆を製作させていただきました。

青森ヒバの塔婆

青森ヒバの塔婆

青森ヒバの4寸角の塔婆を製作しました。

4寸角の節無しのヒバは入手が難しいです。
だんだんと樹が細くなってきているそうです。

屋根雪対策を検討されているお客様へ【建匠おだぎり:弘前市の無落雪屋根】

皆さんこんにちは。建匠おだぎりの小田桐正嗣(ただつぐ)です。

建匠おだぎり:弘前市の無落雪屋根リフォーム

建匠おだぎり:弘前市の無落雪屋根リフォーム

今年はゲリラ的に大雪になるためか、屋根雪対策を検討されているお客様が多く、ご相談いただいています。

 

無落雪屋根リフォームのパターンは次のサイトに写真でご紹介しています。

無落雪リフォームバリエーション

 

 

屋根をリフォームする工事は春以降になりますが、雪の状況を具体的に把握する必要があるため、冬の時期に屋根雪の状況を見せていただけますと、プランをご提案しやすくなります。

 

お気軽にご相談いただけたらと思います。

 

【建匠おだぎり:弘前市の無落雪リフォーム】

日常生活用具給付・住宅改修工事(バリアフリー化)

皆さんこんにちは。建匠おだぎりの小田桐正嗣(ただつぐ)です。

昨年末に、弘前市福祉政策課さんと色々とやり取りをしていた、自立支援法適用の日常生活用給付とバリアフリー化を目的とした住宅改修工事を行いました。

 

P_20190115_090749

上の写真は、工事前の車庫内部の様子です。

写真の右奥にドアがあります。玄関から車庫へアクセスできるドアですが、玄関床から車庫床まで段差が60cmあります。

今回の工事で、段差60cmを解消できる方法がないかを考えました。

大清水西澤様邸改修前改修想定(引戸対応)20181218

様々なパターンを想定した結果考えたプランが上の絵のものです。

P_20190115_092315

まず、ステージの土台作りから。長期にわたって使うものですので、

床面にたわみが起きにくくするために、細かく束、横架材を入れ、床の面材をダブルで敷くようにしました。

P_20190116_143708

入口の引戸枠も、狂いがないように慎重に作りこんでいきました。

P_20190117_155732

全景はこのような感じです。

P_20190117_155746

開口部を拡張し、開き戸から引戸に変更しました。

P_20190117_155754

有線と無線両方に対応したリモコン付きの昇降機です。

微調整はこれからになります。

使いやすくなるように、カスタマイズしていきたいと思います。

 

住宅金融支援機構『リフォーム融資(部分的バリアフリー工事または耐震改修工事)【高齢者向け返済特例】』について(2):お申込みできる方

00_住宅ローン情報 未分類

https://www.jhf.go.jp/loan/kijyun/kensetsu_ribamo.html

こんにちは。建匠おだぎりの小田桐正嗣(ただつぐ)です。

今日は、住宅金融支援機構『リフォーム融資(部分的バリアフリー工事または耐震改修工事)【高齢者向け返済特例】』について(2)として、『ご利用条件』についてお話したいと思います。

お申込みできる方

<次の1から4までのすべてに当てはまる方>

1:借入申込時に満60歳以上の方

※年齢の上限はありません。

※借入申込時に満60歳以上の同居親族は連帯債務者となることができます。

2:ご自分が居住する住宅をリフォームする方

 

3:総返済負担率が次の基準以下である方

(1)年収が400万円未満の場合 30%以下

(2)年収が400万円以上の場合 35%以下

※申込本人の収入だけでは総返済負担率の基準を満たさない場合は、同居予定者(満60歳以上)の収入を合算できる場合があります。

4:日本国籍の方または永住許可などを受けている外国人の方

 

となっています。

ここで、「うん?ここが少しわからないかもしれないなあ」と思われるのは、恐らく「3」の総返済負担率うんぬんのところではないでしょうか?

 

住宅ローンをはじめ、融資関係ではこの「総返済負担率」という言葉をおさえておくことで、「私は幾らまで借りることができるのだろうか?」という疑問もある程度解消できる割合となります。

 

「総返済負担率」とは、収入に対する返済額の割合を指します。収入を全て返済にまわすことは生活ができないということになりますので、金融機関では収入にたいして、一定の範囲の中で貸出しをすることになっております。

次のような式になります。

  • 総返済負担率=(年間返済額/12)÷(申込者本人の年収と収入合算者の年収合計/12)
  • 年間返済額=今回の住宅取得の借入額+今回の住宅取得以外の借入額)

 

上記の式にあてはめますと、「年収が400万円未満の場合 30%以下」ですので、

30%=(年間返済額/12)÷(年収合計400万円未満/12)

なので、年間返済額は120万円未満となります。

 

この年間返済額120万円。月単位での返済額は10万円になります。

実際に月10万円の返済となると、生活が苦しいと思いますが、計算上は融資可能限度額はこのような計算を行います。

ですので、概算で120万円/年×30年=3600万円までは融資可能というざっくりな計算ができます。

 

融資限度額が「1000万円か保証限度額」となり、年収・不動産担保の評価とのバランスで融資が可能かどうかと判断されます。

この部分は、返済期間が制度申込者がお亡くなりになるまでという考え方であるため、通常の住宅ローンとは異なるところが悩ましいです。

 

「ご利用条件」は長くなるので、また分割して記事を書いていきたいと思います。

 

« 古い記事 新しい記事 »

↑ページトップへ