住宅金融支援機構『リフォーム融資(部分的バリアフリー工事または耐震改修工事)【高齢者向け返済特例】』について(1):融資限度額

00_住宅ローン情報

https://www.jhf.go.jp/loan/yushi/info/saigai_reformbf_revmo/index.html

こんにちは。建匠おだぎりの小田桐正嗣(ただつぐ)です。

前回の記事で、『リバースモーゲージ』について簡単にご説明しました。

復習をしますと、

リバースモーゲージとは

リバースモーゲージとは、住宅を担保に金融機関から借り入れができる制度です。

特徴としては、元金の返済は「債務者死亡後に住宅を売却し一括返済」できる点です。

リバースモーゲージは、「金利の支払いのみ」で元金の返済は存命中は不要というものです。

生活資金に充てるものと、住宅に充てるというものがありますが、私がお話しを進めていくのは住宅に充てる分野のお話しになります。

 

ということでした。

これから、住宅金融支援機構のリフォームに特化した『リフォーム融資(部分的バリアフリー工事または耐震改修工事)【高齢者向け返済特例】』についてお話しをしたいと思います。

 

リフォーム融資(部分的バリアフリー工事または耐震改修工事)【高齢者向け返済特例】の概要

満60歳以上の方が部分的バリアフリー工事または耐震改修工事を含むリフォームを行う場合に、毎月のお支払を利息のみとし、借入金の元金は申込人(連帯債務者と含みます。)全員が亡くなられたときに、相続人の方から、融資住宅および敷地の売却、自己資金などにより、一括してご返済いただく融資です。(https://www.jhf.go.jp/loan/yushi/info/saigai_reformbf_revmo/index.html)

今日は、気になる融資限度額についてお話ししたいと思います。

融資限度額

次の1または2のいずれか低い額(10万円以上、10万円単位)となります。

1:1,000万円(住宅部分の工事費が上限です。)
2:機構が承認している保証機関(注)が定める保証限度額
(注)平成29年11月現在、機構が承認している保証機関は(一財)高齢者住宅財団です。
※部分的バリアフリー工事と耐震改修工事を併せて行った場合でも融資限度額は変わりません。

 

バリアフリー工事は、日常の生活において、ケガなどの事故が起きそうな場所を無くしていく工事になります。

お風呂やトイレ、リビングや寝室など、普段生活しているお部屋に対して行っていきます。工事範囲を限定的にするか、広範囲にするかもよりますが、融資限度額が1,000万円ですので、重点的に工事を行う箇所を検討することが大事になります。

また、バリアフリー工事に関わる工事以外にも工事を行いたい箇所というのもでてくるでしょう。

その工事が300万円かかるとしたら、

・総額1,300万円

うち、

・バリアフリー工事1,000万円(本融資を利用)

・その他工事300万円(自己資金かリフォームローンなど)

と分けて利用することも可能です。

リバースモーゲージ活用のススメ

00_住宅ローン情報

こんにちは。建匠おだぎりの小田桐正嗣(ただつぐ)です。

みなさんは、『リバースモーゲージ』という言葉を聞いたことはありますでしょうか?

時々、CMやテレビでも聞かれるようになりました。

海外ではかなり普及している考え方です。

3348c18bfc720fa259631d41537d47f1_s

 

リバースモーゲージとは

リバースモーゲージとは、住宅を担保に金融機関から借り入れができる制度です。

特徴としては、元金の返済は「債務者死亡後に住宅を売却し一括返済」できる点です。

リバースモーゲージは、「金利の支払いのみ」で元金の返済は存命中は不要というものです。

生活資金に充てるものと、住宅に充てるというものがありますが、私がお話しを進めていくのは住宅に充てる分野のお話しになります。

 

住宅金融支援機構の主なリバースモーゲージ商品

住宅金融支援機構の『リ・バース60』や『リフォーム融資(部分的バリアフリー工事または耐震改修工事)【高齢者向け返済特例】』という商品が有名です。

 

私はリフォーム融資でリバースモーゲージを活用した工事を行った経験があります。

このリバースモーゲージ。

私が、弘前をはじめとして地方で活用したらいいなあと思っている理由があります。

 

リバースモーゲージをお勧めする理由

それは、親御さんが地元でお暮しになって、お子様は首都圏で独立して住居を構えている、そして、地元には戻ってこないというケースが多々あり、万が一になった時に相続不動産の扱いに困っているだろうなと感じているためです。

 

リバースモーゲージを活用すれば、求められている基準をクリアした建物に住む事ができ、ご存命の時には金利の返済で済み、万が一になった時には、数パターンの処分方法を検討できます。

リバースモーゲージを活用すれば、ご実家の不動産の処分に困るケースもずいぶんと減るのではないかと考えています。

これから、数回にわたって、リバースモーゲージについて記事を書いていきたいと思います。

ご興味のあるかたは、このブログを継続的にご覧になっていただき、私までお問合せいただけたらと思います。

 

 

 

 

新年あけましておめでとうございます。

未分類

新年あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします!

illustrain02-greeting09

みなさま、お正月はゆっくりとお過ごしになられましたでしょうか?

建匠おだぎりは今日7日から通常営業となりました。

今年も宜しくお願いいたします。

今年一年大変お世話になりました

未分類

みなさんこんにちは。建匠おだぎりの小田桐正嗣(ただつぐ)です。

2018年、今年一年大変お世話になりました。

来年はどんな年になって欲しいかなあ?と考える時間が少しとれるかと思います。

みなさんは来年、どんな年になって欲しいですか?

6348c5e5665c596f615c7db05cf9e9b5_s

2019年、どんな年であってほしい?

私は、自分の家族、まわりの人たち、社会の人たちが、怒りや妬みや悲しみなどのマイナスの感情を抱かなくても済む、穏やかに暮らせる一年であって欲しいなあと切に願っています。

そのために、『アンガーマネジメント』という分野を学び、アンガーマネジメントファシリテーターという資格も取得しました。

アンガーマネジメントを学んでから、怒りという感情を覚える機会が本当に減りました。これは自分にとってとても大きな収穫といってよいでしょう。

他者を理解したり、受け入れるといった許容範囲も広くなったと思います。

 

2019年、住宅について考える

3348c18bfc720fa259631d41537d47f1_s

消費増税が行われるなど、お金の負担が増える時代に入っていきますね。

新築やリフォームを行うときに、私はこれからは「このようなことを考えていこう!」と3つのテーマでご提案できたらと思っています。

  1. 時代を超越するデザインのお家
  2. 暮らしに本当に必要なシンプルなお家
  3. メンテナンスがしやすいお家

についてお客様と一緒に考え、ご提案できたらと思います。

このあたりは、

新年早々にひとつずつテーマとしてとりあげてブログに書きたい思います。

それではみなさん、よいお年を!!

—–

建匠おだぎりの年末年始のお休みは

12/30(日)~1/6(日)

です。

 

 

 

ぐっと冷えた時は水道管の凍結に注意!

未分類

みなさんこんにちは。建匠おだぎりの小田桐ただつぐです。

弘前は急に冷え込んで、雪がかなりの勢いで降っています。

年末年始で色々な業者さんがお休みにはいりますので、

水道管の凍結には十分気をつけましょう!

https://youtu.be/qyjNx_2AJck

 

« 古い記事 新しい記事 »

↑ページトップへ