給湯の仕組みが瞬間湯沸器でもシステムキッチンでスッキリの暮らしはできる!(建匠おだぎり:弘前市のシステムキッチンリフォーム)

大鰐の現場で古いブロックキッチンからシステムキッチンへのリフォームを行っています。

給湯配管の関係から、キッチンの給湯は瞬間湯沸器ですが、システムキッチンでシングルレバー型の水栓を設置する計画です。

瞬間湯沸器はシングルレバー水栓との連動型タイプもあります。

気をつける点は上部の熱排気をどうするか?です。

上部15cm以上は空間を取ることが設置要件で定められています。

瞬間湯沸器での給湯でもシステムキッチンを諦めない!(建匠おだぎり:弘前市のキッチンリフォーム)

今回は、熱感知連動型のレンジフードの近くに瞬間湯沸器を設置します。

吊戸棚とレンジフードの高さが天井から70cmありますので、瞬間湯沸器の上部にあたるところはジョイントせずに、回収しきれない熱は逃がせるように施工しています。

古いお家では、お風呂は風呂釜やボイラーでの給湯で、キッチンは瞬間湯沸器のご家庭は多いです。

そのようなお家でも、システムキッチンはプランニングで十分設置可能です。

システムキッチンで、瞬間湯沸器連動給湯システムにしたい方は、お気軽に建匠おだぎりまでご相談くださいね。

« »

↑ページトップへ