リフォームで間取りを変える時に重要なこと(柱と梁)

D484FD64-C516-4C9B-98C8-7EEF02BEBAEF

 

リフォームの面白さに、さっきまで住んでいたお家や部屋を、面影を残したり消したりして、ガラッと雰囲気を変えることもあると思います。

 

最近は、断熱リフォームやバリアフリーリフォームという性能面を重視しています。

それは当然なのですが、お家の内部がガラッと変わるのはマジックのようで面白いものです。

 

柱を抜いちゃダメは本当か?

 

写真をご覧ください。

オレンジの棒は以前、柱があった箇所です。

家の構造上、絶対に抜いてはならない柱というものはあります。

その柱を考慮しつつ、リフォームではガラリと間取りを変えるために柱を抜くということも行います。

ただ柱を抜くだけでしたら、確かに構造上、強度が弱くなります。

しかし、柱を抜いた代わりに、横に太い梁を掛けることで強度を保つことが可能なのです。

緑で囲んだ太い梁が見えますでしょうか?

このように梁を掛けることで、お部屋は広く、そして丈夫なお家にすることができるのです。

 

小さいお部屋でお困りの方へ。

あきらめないで、楽しい打合せをしながらリフォームしませんか?

きっと、望みがかなうと思いますよ!

« »

↑ページトップへ