弘前市の介護保険を利用した住宅改修・手すり設置(弘前市清水森の現場から)

弘前市東部包括支援センターさんとのプロジェクトでした。

利用者の方は、脚を痛め、玄関で靴を履いたり脱いだりする際に摑まるところが無く苦労していました。

 

玄関框付近の手すり設置

 

2013-02-07 11.56.56

写真は取付後ですが、手すり裏が和室。

片引戸が裏を走るため、薄い壁への手すり取付となりました。

壁が薄くても、壁下地に木部があるところを探し、まずピンポイントで固定します。

 

下地が石膏ボードの割合が多くなってしまう場合は、木部へのビス止めと共に、ボードアンカーという石膏ボードでもバッチリとビス止めできる部材を使うことで、強度を保つことができます。

上の写真の後ろ姿は利用者の方です。

手すり取付け前に高さを慎重に確認しながら設置したため、手すりに摑まる位置に満足でした。

 

トイレの手すり設置

 

2013-02-07 11.57.22

続いて、トイレの手すり設置です。

両方に手すりがあると、安定してトイレへ移動できますね。

 

2013-02-07 11.57.28

 

L型手すりで、便座への着座も立ち上がりも楽になりました

 

2013-02-07 11.57.49

 

利用者のお家のトイレは、比較的広めでしたので、洋式便器があるトイレも両方に設置しました。

L型手すりと呼ばれる手すりを設置しております。

2013-02-07 11.57.57

 

L型手すりは便座に座る時、縦の手すりにしっかり摑まり、徐々に姿勢を変えていきます。

しっかり着座して、立ち上がる際には、横の手すりに一度身体を預けてから、縦の手すりへ摑まり、立位の体勢をとっていきます。

かなりの体重の負担が手すりに伝わるため、手すりの設置位置も重要ですが、相当の負荷を与えても大丈夫な強度の下地を作ることが大切です。

 

住宅のバリアフリー化は手すりの設置や段差解消工事を行うことで、自立して生活しようとする方には大変有効です。

特に、トイレと玄関への手すりの設置は暮らす方みんなに優しいバリアフリー設備になると思います。

 

建匠おだぎりのバリアフリー・介護保険を利用した住宅改修についてのサイトは下のリンクをクリックしてくださいね。

http://www.kensyou-odagiri.com/?page_id=325

« »

↑ページトップへ