介護保険を利用した住宅改修の事例。階段と廊下への手すり設置工事を行いました(弘前市石川)

弘前市は石川にて、介護保険を利用した住宅改修を行いました。

壁下地の弱いお家での手すり設置は手すり受けの重要性が増します。

弘前市南部地域包括支援センターとの連携プロジェクトです。

手すり設置前の手すり受け設置の重要性

古いお家の場合、壁下地が石膏ボード系でない場合も多かったり、下地の木(胴縁)が想定していない箇所にあったりします。

手すり受けを安全に設置できるように下地が木部に当たるところを探す工程をしっかり行います。

その後で、手すりを支える、手すり受けという木の板を打ち付けます。

 

廊下の手すり設置

弘前市の介護保険利用の住宅改修の事例。廊下への手すり

ご利用になる方の身長に合わせ、床から75cmにしました。

 

階段の手すり設置

弘前市の介護保険を利用した住宅改修の事例。階段手すりの設置。

ぐるりと回るように手すりを取り付けています。

フレキシブルジョイントの設置事例

コーナーの部分でも手すりを連続して設置するためには、フレキシブルジョイントが必要です。

このように設置してあげることで、途中手すりの切れ目ができることはなくなりますね。

介護保険を使った住宅改修工事。自己負担が最大で2万円までです。

足元が不安だと感じて介護保険をご利用の身内の方がいらっしゃったら、ご提案してみてください。

 

建匠おだぎりは福祉住環境コーディネーター2級(私、タダツグです)が在籍しています。

市役所への申請書類、特に「住宅改修のための理由書」は有資格者のみが記述できます。

ケアマネージャーさんも負荷のかかる事務作業をサッと作成して短時間で一発で審査を通します。

すぐ、介護保険を使った住宅改修をやりたい方は、建匠おだぎりにご相談ください。

« »

↑ページトップへ